最も男の性能力を傷害する4件のでき事

男はいつも強者の化身とされるが、生理からいうと、男は実は性能力に弱みがある。
先天方面からみてみると、男はX染色体が一つあり、女には二つある。人類の「免疫遺伝子」はX染色体に存在するので、女性に比べると、男性のほうが免疫力が低い。耐久力と生命力が弱い。血友病、潰瘍、脳卒中などの遺伝病がなりやすい。
セックスの方面では、女性より男性の性能力が日常生活の影響を受けやすい。一生に性能力の問題も多く遭遇する。以下は男性にとって、最も「弱み」のところ、より多い警戒と保護が必要だ。

パンツがきついと精子を傷害する
三角パンツやジーンズは男性健康のステルスキラーになっている。きつすぎや空気通さないパンツを着ると、男性の骨盤内の血行不良をさせ、会陰部の温度を高くさせ、男性の精子品質を影響させる。甚だしき不妊に至ってしまう。男性の睾丸の温度は人体温度より3℃低いため、精子が生きやすい。

辛い料理を常によく食べると、早漏しやすくなる
辛い刺激によって前立腺毛細血管を急速に拡大、充血させ、その時に「太い」前立腺が尿道の空間を侵攻してしまう。によって頻尿、切迫感、尿痛などの排尿不良現象が現れてきた。そして長期慢性的な炎症刺激による性射精痛み、早漏などの性能力の問題を発生させる可能性がある。

勤務長い時間座りっぱなし、勃起しにくい
男は座っている時、実はかなりの重さは前立腺に迫っている。時間が長いと、充血をさせ、新陳代謝を低下し、慢性前立腺炎を発生させる。このままでいくと、勃起困難症などの性能力問題を引き起こす可能性がある。

気分不良の時、性欲がない
女性は気分が悪い時に、性愛がそんなに明らかに反応しないが、もし男がうつ、不安などがあった場合、大脳の性神経中枢を干渉し、心理的ED(勃起障害)を引き起こす。また射精過程を短縮させ、精液の品質を低下させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です