男の性能力保健方法〔二〕

性能力

性能力

男の性能力保健方法4、強い「性」運動

射精を押える筋肉を強化する。尿液の流出を中断したりすることが、貴方にこららの筋肉が存在していることを感知させる。そして骨盤運度をすることでこれらの部位を運動させる。臀部及び骨盤を収縮し、10秒後リラックスして、このように何回繰り返してやること。精力剤を購入したいなら、NCW健康生活館通販へ。

j1

男の性能力保健方法5、冷水で陰の温度を下げる

セックスをする前に、陰嚢を冷水で(氷水最高)冷たくさせ、収縮反応をさせて、出来る限りペニスの上で水が付着しないように、そうすると、彼の硬さも時間も著しく改善したことが感じられるだろう。また、性愛中で性交を停止して、ペニスを数秒抽出して温度を下げさせる。男も女もより多い期待感をさせるだろう。

htsd

 

男の性能力保健方法6、尿道を押す

若し自分が性交時に体反応が速くて、「過熱」状態になった場合、ペニスの下方に尿道に圧力を入れると、この脈がペニスの背面に行かせた。こうすると、ペニスの血液を減らして、射精の欲求を抑えることができる。

jl2

 

男の性能力保健方法7、自己トレーニング

具体的な方法:オナニー時15分も堅持させること。このオナニーの目的は単純に快感を得るためではなく、同時に頭の中でどのように相手に性の高潮をさせることを幻想しながらやる。健康ダイエットサプリメントなら、ダイエットブログへ。あるいは下半身ダイエットブログへ。

326

男性能力を保養する注意点

一、性生活に制限する

適度な性生活は人に愉快な気持ちと体験を及ぼしてくるが、しかし、もし情欲を放任させ、制御しないと、生殖器官が長期に充血すると、性機能を低下させ、前立腺炎、前立腺肥大、インポテンツ、早漏、射精などの病気を招致する。精力剤を購入したいなら、NCW健康生活館通販へ。

j1

「海馬雄肽」腎機能増強カブセル

二、性生活は早過ぎないように

一般的には、男性は24、25歳から成熟し、もし性生活が早すぎると、性器がまだ成熟していないため、その精を耗損し、性機能障害を起こさせやすいので、成人した後、インポテンツ、腰酸っぱい、衰えやすい老等の症状が出てくる。

htsd

華佗神丹 ED治療薬

三、検査を重視

検査は自分の健康のために、男は生殖器官に異常が現れると発見されたら、必ずすぐに医者に尋ねる。

4、衛生

衛生を保持することが、全ての人が注意しなければならないことだ。女子だけに限らず、男も注意する必要がある。特に包皮が長すぎる人にとって、常に包皮クズを取る必要がある。それは、包皮クズが陰茎癌を引き起こす可能性がある。それに、妻の子宮頸がんを引き起こす可能性もある。

jl2

「蟻神王」カプセル 性機能增強

5、服装を正す

男は性能力を保持したいために、服装の面も注意する必要がある。タイトなジーンズ、タイトなパンツなどを着ないように、それは、それらの服装が血液循環に影響を及ぼし、寝る時に厚い布団をかぶらないように、服を着ないままで寝てもよい。

6、不良嗜好を捨てる

男としてタバコやお酒を避けることが出来ないだろうが、癖にならないよう、煙草を必ず禁止しよう。酒も制御する。じゃないと、体に大きな傷害を及ぼしてくる。特に男性性能力に傷害を及ぼす。

jl

植物壮根素-改良版

最も男の性能力を傷害する4件のでき事

男はいつも強者の化身とされるが、生理からいうと、男は実は性能力に弱みがある。
先天方面からみてみると、男はX染色体が一つあり、女には二つある。人類の「免疫遺伝子」はX染色体に存在するので、女性に比べると、男性のほうが免疫力が低い。耐久力と生命力が弱い。血友病、潰瘍、脳卒中などの遺伝病がなりやすい。
セックスの方面では、女性より男性の性能力が日常生活の影響を受けやすい。一生に性能力の問題も多く遭遇する。以下は男性にとって、最も「弱み」のところ、より多い警戒と保護が必要だ。

パンツがきついと精子を傷害する
三角パンツやジーンズは男性健康のステルスキラーになっている。きつすぎや空気通さないパンツを着ると、男性の骨盤内の血行不良をさせ、会陰部の温度を高くさせ、男性の精子品質を影響させる。甚だしき不妊に至ってしまう。男性の睾丸の温度は人体温度より3℃低いため、精子が生きやすい。

辛い料理を常によく食べると、早漏しやすくなる
辛い刺激によって前立腺毛細血管を急速に拡大、充血させ、その時に「太い」前立腺が尿道の空間を侵攻してしまう。によって頻尿、切迫感、尿痛などの排尿不良現象が現れてきた。そして長期慢性的な炎症刺激による性射精痛み、早漏などの性能力の問題を発生させる可能性がある。

勤務長い時間座りっぱなし、勃起しにくい
男は座っている時、実はかなりの重さは前立腺に迫っている。時間が長いと、充血をさせ、新陳代謝を低下し、慢性前立腺炎を発生させる。このままでいくと、勃起困難症などの性能力問題を引き起こす可能性がある。

気分不良の時、性欲がない
女性は気分が悪い時に、性愛がそんなに明らかに反応しないが、もし男がうつ、不安などがあった場合、大脳の性神経中枢を干渉し、心理的ED(勃起障害)を引き起こす。また射精過程を短縮させ、精液の品質を低下させる。